2009年01月13日

EXILEのあの曲が映画の主題歌に

昨年のレコード大賞を受賞した人気7人組グループ・EXILEの楽曲「僕へ」が、映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」(3月7日公開)の主題歌に12日、決まった。

 「僕へ」は昨年12月に発売され出荷200万枚を突破したアルバム「EXILE BALLAD BEST」に収録。シングル化はされていないが、配信で40万ダウンロードを記録している隠れた人気曲だ。ボーカルのATSUSHI(28)が作詞を手がけている。

 「ジェネラル−」は竹内結子(28)と阿部寛(44)のコンビが話題となった医療ミステリー「チーム・バチスタの栄光」の続編。今回は救命救急センター部長の収賄疑惑を巡る物語。医師でもある作家・海堂尊氏原作ならではのリアルな現状を描く。間瀬泰宏エグゼクティブプロデューサーは「楽曲のメッセージが、救命救急医療の窮状、そこに携わる医師たちの思いに合致し、主題歌に起用した」としている。

 最近は宣伝も兼ね、映画公開に合わせて発売される新曲が主題歌になることが多い。すでに発売済みで、シングル化されていない曲が主題歌になるのは珍しいケース。今回の起用は、それだけ「僕へ」がファンや関係者の間で話題になっていることの証明。映画がヒットすれば、さらに人気が加速しそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090113-00000012-sph-ent


EXILE大人気ですね。
しかしシングル化されてない曲が映画の主題歌になるなんて
EXILEがただ人気があるだけではなく
曲もすばらしい作品が多い事が立証された事ですね!

聞いた事の無い方はこちらから視聴できます!
良い曲ですよ
↓↓↓

視聴したい方はクリック
posted by じ〜じ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。