2009年03月03日

オスカーのお陰?おくりびと一位に

Section targeting
3月2日15時28分配信 毎日新聞

 2月28日、3月1日の映画観客動員数(興行通信社調べ)で、「第81回アカデミー賞」で外国語映画賞を受賞した「おくりびと」が、公開25週目にして初めて1位になったことが分かった。興業通信社によると、2月23日に受賞が発表されて話題を集めた両日の観客動員数は29万9495人、興行収入は3億2051万7100円で、公開からの累計では観客動員数は334万8000人を数え、興行収入は38億4000万円を突破したという。

 「おくりびと」はチェロ奏者から納棺師に転職した主人公が、生と死に向き合いながら人生や家族に再確認していくという物語。興業通信社によると、08年9月13日に全国220スクリーンで公開したときには初登場で5位に入り、最高は公開5週目の3位だったが、9週目にはトップ10圏外に落ちていた。しかし、1月23日に米アカデミー賞へのノミネートが発表されると、ランキングは14ランクアップの14位に浮上し、2月20日に日本アカデミー賞で作品賞など10冠を獲得すると8位に急上昇していた。

 2月28日に公開したニコール・キッドマンさん主演の「オーストラリア」は初登場5位、浦沢直樹さんの人気マンガが原作の「20世紀少年−第2章−最後の希望」は3位だった。細田尚子
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090302-00000017-maiall-movi

「おくりびと」凄いですね〜
何でもアカデミー賞を受賞した以降の観客動員数が半端じゃないみたいですね

アカデミー賞を受賞したのを見たとたんに家を出てみに行った人も居るみたいですよ^^
ワシも時間があったら見に行きたいな〜


posted by じ〜じ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。