2010年02月26日

バンクーバー五輪女子フィギュア キム・ヨナ強し!!!

バンクーバー冬季五輪で25日(日本時間26日)行われたフィギュアスケート女子のフリー。昨季の世界女王は強かった。金妍児(キム・ヨナ)が同じ年齢のライバル・浅田真央らの挑戦を退け、昨季の4大陸選手権から国際大会6連勝。フィギュアスケートで韓国初となる五輪のメダルを、金色で彩った。

 決してフィギュアが盛んとはいえない韓国から生まれた天才、それが金妍児だ。5歳の時にスケート教室に3歳上の姉とともに参加し、能力を認めたコーチの勧めで本格的に取り組むようになった。父は個人事業主で、とりたてて裕福な家庭ではなかったが、母の朴美姫(パク・ミヒ)さんがリンクまで送り迎えし、スケート一色の生活。父が買い物をし、姉が料理を作る日々だった。

 母は独学でスケートを勉強してコーチ代わりも務めた。それは06年にブライアン・オーサー・コーチの指導を受けるようになるまで続いた。「朝鮮日報」の成鎮赫(ソン・ジンヒョク)記者によれば、ある時に金妍児の機嫌が悪く、練習中に靴のかかとで氷をガンガンとたたいたことがあった。怒った母が「(罰として)リンクを100周しなさい」と命じると、金妍児は本当に100周滑ったという。「母と妍児は、お互い精神力がすごい」と成記者。強い意思で、スパルタ練習を乗り越えていった。

 ジュニア時代からルッツとフリップのエッジの使い分けを習得した。2シーズン前のルール改正でエッジ判定が厳格化され、浅田が苦しんだのとは対照的だった。以前は腰痛の持病を抱えていたが、現在はほぼ万全。金妍児は自ら「私の一番の強みは技術に揺るぎがないこと。プログラムの魅力を出せること」と話す。ジャンプ技術、表現力、そして精神力。韓国で「国民の妹」と呼ばれるスケーターは、すべてを兼ね備えていた。【来住哲司】

http://vancouver.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100226-00000010-maip-spo

キムヨナ強いですね!!
正真正銘の女王に君臨したのではないでしょうか?

キムヨナの生い立ち?の様な事はあまり日本では放送されてないですが
やはり幼少期から凄まじい練習をしてきたのですね。
凄いです!!!

そんな女王キムヨナについて知りたい方はコチラ
↓↓↓


この本でキムヨナについてよく知ることが出来ます。

posted by じ〜じ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142224914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。